自己破産後の住む場所

自己破産をした後の住む場所について説明します。

まず、持ち家に住んでいる場合は、引越しをすることになります。

自己破産では財産の処分を避ける方法はなく、当然、家も処分対象となるからです。

ただ、自己破産が認められた瞬間に強制的に追い出されるということはありません。

家が処分されるとしても、買い手が見つかるまでには時間がかかりますから、それまでの間は自宅に住み続けても問題ありません。

その間に、引越し先を見つけるようにするといいでしょう。

また、賃貸住宅に住んでいる場合は、家賃を滞納していたりしなければ、今まで通り、住み続けることができます。

たとえ、自己破産していることを大家に知られても、それを理由に追い出されることはありません。

しかし、家賃を滞納していて、その滞納分を自己破産で帳消しにしたという場合は、大家から退去を命じられる可能性が高いでしょう。

そういう場合は、あらかじめ引越し先を見つけておいた上で、自己破産の手続きを進めるようにした方が安全でしょう。 債務整理 北海道  http://minitroopers.es